自動運転車

自動運転車

自動運転車

自動運転車

自動運転とは

日本政府や米国運輸省道路交通安全局 (NHTSA) は自動運転の自動化レベルに関して定義を出しています

レベル0について

ドライバーが常にすべての主制御系統(加速・操舵・制動)の操作を行います。

前方衝突警告(FCW)などの主制御系統を操作しない運転支援システムもレベル0に含みます。

レベル1(運転支援)について

加速・操舵・制動のいずれか単一をシステムが支援的に行う状態です。

自動ブレーキなどの安全運転支援システムによります。

レベル2(部分自動運転)について

システムがドライビング環境を観測しながら、加速・操舵・制動のうち同時に複数の操作をシステムが行う状態です。

アダプティブクルーズコントロール(ステアリングアシスト付き)等がこれに該当します。

ドライバーは常時、運転状況を監視操作する必要があります。

そのため、2016年時点で市販されているシステムはある程度の時間(10~15秒等)、ハンドルから手を離しているとシステムが解除される等の仕様となっています。

2016年、自動車専用道及び高速道路走行中かつ同一車線、60km/h以下のみに限定した日産プロ・パイロットを搭載したセレナが8月下旬発売と発表しました。

2017年時点でのテスラのオートパイロットもレベル2に該当します

レベル3(条件付自動運転)について

限定的な環境下若しくは交通状況のみ、システムが加速・操舵・制動を行い、システムが要請したときはドライバーが対応しなければならない状態です。

通常時はドライバーは運転から解放されるが、緊急時やシステムが扱いきれない状況下には、システムからの運転操作切り替え要請にドライバーは適切に応じる必要があります。

しかし、人間のドライバーが緊急時にはスムーズに切り替えられない問題が指摘されています。

事故時の責任はドライバーとなります。

レベル3に該当するシステムは2017年秋時点でAudiが該当機能を搭載した自動車Audi A8の市販を2018年に開始すると発表しています。

レベル4(高度自動運転)について

特定の状況下のみ(例えば高速道路上のみ、又は極限環境以外(極限環境とは、雷雨、大雨、大雪、あられ、台風、極低温環境、超高温環境といったシステムの正常な動作を妨害するような環境のこと)などの決まった条件内でのみ)、加速・操舵・制動といった操作を全てシステムが行い、その条件が続く限りドライバーが全く関与しない状態。基本的にドライバーが操作をオーバーライドする必要は無いが、前述の特定の状況下を離れると人間の運転が必要になります。

日本政府は2020年までにレベル4自動運転車の実用化を目標としてます。

レベル4に該当するシステムは、上記の鉱山等で運用されている無人ダンプや無人軍事用車両等、特殊環境で運用されているもののみで、一般市民が公道を走れるものは2017年時点では市販されていません。

レベル5(完全自動運転)について

無人運転。考え得る全ての状況下及び、極限環境での運転をシステムに任せる状態。ドライバーの乗車も、ドライバーの操作のオーバーライドも必要ない状態です。

安全に関わる運転操作と周辺監視をすべてシステムに委ねます。

多くの自動車メーカーやその他の企業が、レベル5相当の自動運転車の市販に向けて開発を行っています

※日本政府はレベル5の完全自動運転を2025年を目途に目指すとしています。

自動運転車

自動運転車

自動運転車

自動運転おすすめ人気ランキング/楽天 バイク保険/保険直し談/保険見直し保険相談/インプラント保険アフラック/デミオ マイナーチェンジ値引き/ガラケーからスマホ/

お探しのページが見つかりませんでした。再度検索してください。